2012年05月21日

腹囲が大きいと赤ちゃんも大きいか

超音波断層法がなかった頃は、大きさを測る目安として、腹囲が重視されていました。
結論から言うと、腹囲は子宮底長ほどは関係していません。
腹囲は参考程度と考え、子宮底長の値で判断してください。
1回の計測値よりも連続した数値の上昇の傾向に留意する方が意味があります。

一般的に、赤ちゃんが大きくなるにつれて腹囲も大きくなります。
また、それ以前の脂肪のつき方にも左右されます。
見ための大きさとも関係してくるはずです。





posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中期の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。