2012年05月18日

妊娠6ヶ月めなのにまだつわりが続いている

妊娠6ヶ月を過ぎても、つわりを訴える方もいらっしゃいます。
妊娠中毒症に移行することもありますから、主治医には、状態を詳しく話しておいてください。

一般的には、この時期の吐き気は、妊娠初期のつわりとは異なります。
子宮がだんだん大きくなって胃を圧迫して、吐き気がする可能性が高いです。
あるいは、貧血気味の方だと鉄剤を処方することもあります。
鉄剤には胃を壊す副作用がありえますから、それが原因で胃がむかむかしたり食欲減退する可能性もあります。

妊婦さんが食欲がなくて多少食べれなくても、胎児はママの脂肪や肝臓から栄養を摂取します。
赤ちゃんの発育に関しては、子宮底の長さを計ったり、検診で超音波で診てもらっているはずですから、「標準内ではあるが、妊娠週数に比べて発育が悪い」といわれていなければ心配ないでしょう。
食欲がない場合に、栄養剤による補給をと考えられる人もいるかもしれません。
胎児への栄養補給は、食欲がなくても少しずつ何回かに分けて食事を取っていればいいと思います。



posted by サック at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中期の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。