2012年05月14日

腰痛は流産の兆候か

妊娠初期に腰痛になり、流産を心配する方もいらっしゃいます。
稀に腰痛が流産の予兆だったりもしますが、出血していなければ大丈夫でしょう。

妊娠する前の子宮の大きさは鶏卵くらいです。
妊娠9週くらいだと、ガチョウの卵くらいになります。
子宮が大きくなった分、周りの組織が圧迫されることもありますし、子宮の充血もあり、後屈気味だとそれが尚更、ウッ血となり、腰痛として現われます。
妊娠4ヶ月を過ぎて子宮が上にあがると楽になる人もいらっしゃいます。
ただ、お腹の張りが強い時の我慢は禁物です。
すぐ横になりましょう。
入浴時にはぬるめのお風呂にゆっくり入り、腰を暖めると楽になります。
就寝前には、ご主人に腰をマッサージしてもらうと、尚更いいです。


ラベル:腰痛 流産
posted by サック at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠初期の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。