2012年04月23日

風疹のこと

妊娠初期に風疹にかかると、赤ちゃんに風疹性症候群という障害がでることがあります。
それは顕性感染といい、お母さん自身にも症状が出た場合に起こりやすいのです。
不顕性感染といって症状がでない場合は、赤ちゃんへの影響も出にくいと考えていいでしょう。
風疹の検査をした場合の抗体価が高くて心配な場合は、1〜2週間おいて、再度検査してもらうといいでしょう。



風疹とは関係ないけど写真を一つ。
たけのこ2.JPG
玉名郡和水町の筍です。
掘りたての筍、やっぱり美味しいですね。






ラベル:風疹のこと
posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。