2012年04月20日

子宮後屈が心配

子宮は骨盤のほぼ中央にあり、お腹側へ傾いているのが普通です。
子宮が背中側へ傾いている場合を子宮後傾、子宮体部が頚管に対して後ろに倒れている場合を子宮後屈といいます。
ずっと以前は子宮後屈は流産や早産になりやすいと言われていましたが、今はそれが流産や早産の原因になる事はないとわかったので病気とはみなされていません。
ただ、炎症を伴った病気の治療で癒着をはがすこともあります。
でも、ちゃんと妊娠できた場合は何も心配は要りません。
普通の妊婦としての生活をしていってください。



ラベル:子宮後屈
posted by サック at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠初期の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。