2012年04月02日

妊娠8週目の検査で赤ちゃんがまだ見えない

妊娠8週目の超音波検査では、赤ちゃんがまだ見えないこともありえます。
流産等の心配をしすぎないほうがいいでしょう。
月経が順調にある人だと、超音波で赤ちゃんが確認できるのは、妊娠6〜7週ごろです。
正常な妊娠なら、8週目で赤ちゃんがまだ見えないということはありませんが、かならずしも流産しているともいえません。
育っていても、赤ちゃんがまだ見えない理由はいくつか考えられます。
一つは、超音波検査をしたのが排尿後だったため。
超音波検査は膀胱に尿がたまってると、子宮まで超音波が十分通らず、画像がはっきり出ないケースがあります。
もう一つ考えられるのは、妊娠週数が違うこと。
妊娠週数は、最終月経の開始日より数えて14日目を排卵日として計算します。
でも、排卵には個人差があるので、2〜3週間ずれることもあります。
そういう事情で実際の妊娠週数が6週未満だったりすると、赤ちゃんが見えないこともありえます。
この時点で流産かもと思っても、まだ正確には判断できません。
1〜2週間おいて、もう一度超音波で見て診断します。
その際に、赤ちゃんを包んでいる胎蓑が大きくなっていたり、心拍数がわかるようになっていれば安心です。
しかし、間隔をあけての再度の診断でも見えない場合は、残念ながら流産の可能性が高くなります。
流産であった場合、その1〜2週間のうちに出血したりお腹が痛くなったりすることがあります。
次の超音波診断まで待つのは不安でしょうが、気分転換などを図りながら、あと1〜2週間、待ってください。



posted by サック at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠初期の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。