2012年03月27日

里帰り出産を申し出る時期

主治医に里帰り出産することを言い出しにくい・・・
そう考える必要はないですから、安心して普通に申し出てください。

里帰り出産を申し出ることで不親切になったり怒ったりする医師はいないと思いますよ。
里帰り出産の意向は、できるだけ早い時期に伝えるほうがいいと思います。
医師がいろんな判断をするためには、患者さんの状況を正確に知っておく必要があります。
妊婦さんもできるだけ多くの情報を医師へ伝えておくことが大切です。
里帰り出産を希望しているというのも、その大切な情報のひとつなのです。
妊婦さんの中には、受診中の産婦人科へ何も言わずに里帰りされる方もあるようです。
実はこれ、里帰り出産を受け入れる産婦人科としても困るんです。
母子手帳には、基本中の基本的な部分が記載されています。
これまでの妊娠の所見や超音波診断のデータなどがないということは、受け入れた病院としても不安が残ります。
経過がよくわからない妊婦さんの出産だと、判断に迷うという医師もいます。
里帰り前と里帰り後の病院のコミュニケーションをとってもらうことは、あなた自身のためにもなります。
そのコミュニケーションの方法として、受診先から里帰り先の産婦人科への紹介状を書いてもらうのが、良い方法です。
おりをみて、早めに申し出たほうが良いと思います。
もし、里帰り先の産婦人科で、あなたを担当する医師の名前までわかっているならば、その医師宛に書いてもらってください。
紹介状をもらった医師も、より強い責任感であなたに接してくれるでしょう。





posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰り出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。