2012年03月22日

ご主人への心遣いも忘れずに

里帰り出産する場合、3ヶ月近く家を留守にすることになります。
ということは、帰宅した時には季節が変わっていることもあります。
次の季節の服を保管してある場所を手紙で書いてあげたり、タンスの引き出しにメモを置いておくとかの配慮も必要でしょうね。
と、以前は言っていたのですが、今はメイルもあるから、夫婦のコミュニケーションもとりやすいでしょうね。
でも、便利にはなってますが、在宅のご主人への配慮もお忘れなく。
体温計や救急箱の置き場所・ごみの収集日や出し方・新聞や家賃などの支払い方など、生活の方法について伝えておく必要があります。
赤ちゃんが誕生したら知らせる人のリストを作って渡しておけば、尚よいですね。
実家へ帰ってからの、ご主人とのコミュニケーションも重要です。
臨月の様子や赤ちゃんの様子などを、こまめに連絡しておくといいでしょう。
と書いていて、改めて思いました。携帯って、コミュニケーションをとるのに適してますね。
ちなみに、私は i Phoneを使ってます。



posted by サック at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰り出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。