2012年03月13日

流産が3回以上続いたら、習慣流産を疑って検査を

3回以上流産を繰り返すことを習慣流産と呼びます。
何か原因があるはずです。これ以上繰り返さないためにも、原因は調べてもらった方がいいでしょう。
母体側の原因としては、子宮頚管無力症・子宮奇形・感染症・ホルモン異常などが考えられます。
ただし、流産は母体だけに原因があるとは限りません。
例えば、夫婦どちらかが染色体異常のキャリアである場合もありえます。
夫婦間でHLAの性質が似ていると、流産を繰り返したり不妊になるといわれています。
それに起因することが判明した場合には、旦那さんのリンパ球を奥さんに数回注射して抗体を作ると治療効果が出るといわれています。



ラベル:習慣流産 検査
posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 切迫流産のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。