2012年03月12日

切迫流産でも無事に乗り越えれば元気な赤ちゃんが産めます

切迫流産になってもその時期を乗り越えることができれば、心配は要りません。
その後の経過や分娩は普通の人と変わりありません。
子宮頚管縫縮術を受けた人は、受けなかった人よりも切迫流産になりやすいので、引き続き注意が必要です。
切迫流産した赤ちゃんは染色体異常があるのではないかと心配する人がいるのですが、それは取り越し苦労です。
染色体異常があれば、どんなに手を尽くしても流産してしまいます。
ということは、助かった赤ちゃんは正常の受精卵と考えていいのです。

残念ながら流産してしまった場合には、1週間は安静にしてください。
流産後は、通常の月経を3回くらいみたら、医学的には次の妊娠をしても大丈夫なようです。
でも、流産の後遺症は肉体的なものより精神的なものがはるかに大きいのでは・・・
一度流産しても、ほとんどの人が次の妊娠で赤ちゃんを無事に産めます。
希望を持って次に備えてください。
心身ともに、準備を整えていきましょう。



posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 切迫流産のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。