2012年03月07日

中期流産について

初期流産の原因の殆どは胎児側にありますが、12週以降の中期の流産は母体側の原因が多くなります。
母体側の原因をいくつか述べてみます。
最も多いのは子宮頚管無力症です。
それ以外では以下のようなものもあります。
膣からの子宮内感染症
子宮筋腫
母体の病気
過度のストレス
このようなことが原因で流産になってしまう場合、お腹の張りから規則的な陣痛に進むという、正常な分娩と同じ経過をたどります。



ラベル:中期流産
posted by サック at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 切迫流産のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。