2012年03月05日

胎児心拍が確認できるようになれば流産の心配は少なくなります。

流産とは妊娠23週までに妊娠が中断されてしまうことを言います。
せっかく授かった赤ちゃんを流産してしまうのはショックですが、全妊娠の10〜15%は流産してしまうといわれています。
流産の可能性は年齢を重ねるほど高くなるようです。
流産しやすいのは妊娠11週までで、しかもその殆どが8週以前に起こります。
正常な妊娠だと5〜7週から胎児の心拍が見えるようになります。
8週になるとほぼ100%近くが見えるようになります。
8週の時点で心拍確認ができれば、その後流産する可能性は低くなります。
私の感覚的には、心拍が認められると95%は大丈夫という感じです。

妊娠初期の流産の原因は、その殆どが胎児側の異常、つまり受精卵の異常にあるといわれています。
受精した卵子か精子に染色体異常があったり、うまく分裂できない等の理由があると、胎児の形になる前に死んでしまい、それが流産という形になって現われます。
流産すると自分の不注意と思い込んで自分を責める方がいらっしゃいます。
とても残念なことではありますが、不注意ではありません。
必要以上に自分を責めないでください。



ラベル:切迫流産
posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 切迫流産のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。