2012年02月28日

水疱瘡の影響について

水疱瘡の影響について質問を受けました。
神経質になりすぎる必要はないと考えます。
でも、水疱瘡の子供と接触してしまったような場合には、主治医に相談してください。

水疱瘡を起こすウィルスは胎盤を通過します。
以前は赤ちゃんに影響がないといわれていたのですが、最近になって小頭症を起こすことがあるという報告が出てきました。
でも、風疹と違って赤ちゃんに異常を起こす確率は非常に低いので、神経質になる必要はないでしょう。

とはいえ、大人が水疱瘡にかかると症状が重くなりやすいので、感染しないほうがいいですね。
水疱瘡の子供には近づかないほうがいいかと。

運悪く、妊娠集の妊婦さんが水疱瘡に感染してしまった場合は、3日以内に免疫グロブリンを注射すれば赤ちゃんへの感染は防止できます。
早めの対応が肝心です。



posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不安解消Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。