2012年02月20日

羊水検査はやったほうがいい?

羊水検査はダウン症候群などの染色体異常を調べる際に行います。
ご本人の希望により行うものです。
両親どちらか、あるいは近親者に染色体異常の人がいらっしゃる・過去に染色体異常の赤ちゃんを出産した・高齢出産である等の場合には、医師から検査を勧められる事があります。
初産か経産かに関わらず、一般的に年齢が高くなるほどに染色体の異常も多くなる傾向にあります。
何歳から検査すべきかという基準はありません。
年齢とともに異常が多くなる傾向にあるといいましたが、元気な赤ちゃんを出産している人のほうが、圧倒的に多いですから、誤解しないでくださいね。

主治医から進められた場合は、安心のために受けるのもいいでしょう。
受けるならば、妊娠15週前後、遅くとも20週までに済ませたほうがいいです。
検査結果が出るまでの所要時間を考えると、あまり遅くなってから染色体異常という結果が出た場合に手を打つには遅すぎるというケースも考えられます。




ラベル:妊娠 羊水検査
posted by サック at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不安解消Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。