2012年02月02日

市販の薬について  〜その6

肩こりの薬
貼り薬も塗り薬も、消炎・鎮痛剤、抗ヒスタミン剤、メントールなどが主成分です。
皮膚病に使う塗り薬よりは吸収しやすくできていますが、内服薬よりは吸収される量が少ないので、数回使ったくらいならば心配ありません。
ただ、頻繁に使うのはよくないので、軽く体を動かすなどの工夫をしてください。

睡眠薬
いろいろな種類がありますが、いづれも弱い催奇形性が報告されています。
連用すると、赤ちゃんの中枢神経への影響もあるといわれています。
音楽を聴く、入浴するなど、心身をリラックスさせる方法を試してみては如何でしょうか。




ラベル:妊娠 市販 留意点
posted by サック at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中の薬のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。