2012年01月27日

市販されている薬  〜その3

痔の薬
座薬には、ステロイド剤・抗炎症剤・止血剤・局部麻酔剤などが入っています。
塗り薬にもステロイド剤が含まれているものが多いようです。
しかし、吸収される量は極わずかなので、問題ないでしょう。

下痢止めの薬
下痢を止めるシシャ薬自体は赤ちゃんに影響がありません。
でも、下痢が続く場合は原因を突き止めることが大事です。
産婦人科か内科で診てもらいましょう。

湿疹の薬
ステロイド剤が入った軟膏は、赤ちゃんに影響する可能性があります。
でも、普通の使い方であれば、皮膚から吸収されるのは極わずかですから、問題ないでしょう。
但し、長期連用は母体にもよくありません。
早めに皮膚科で診てもらい、症状にあった薬を処方してもらいましょう。






posted by サック at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中の薬のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。