2012年01月07日

妊娠後に飲んだ薬のことは医師に相談してください

既に飲んでしまった薬のことが心配であれば、迷わず主治医に相談してください。
薬の名称・飲んだ時期・飲んだ量を伝えてください。
薬の容器やラベルが残っていたら、それを持参して医師に見せてください。
市販の薬の多くは影響が少ないのですが、妊娠・出産について100%安全と断言する医師はいません。
というのも、薬服用の有無に関わらず、全妊娠の中でわずかですが一定の確率で障害がある子供が生まれる可能性があるからです。
その障害の多くは軽いもので、手術などできれいに治り生活に支障も残らないのですが、医師としてはそのようなケースを無視して「絶対大丈夫」とは言い切れません。
その点はご理解ください。



ラベル:妊娠後
posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中の薬のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。