2012年01月06日

妊娠前に飲んだ薬はあまり心配しないで

妊娠前に飲んだ薬のことを心配される方もいらっしゃいますが、特殊な薬以外は心配不要です。
受精以前に卵子が影響を受けた時は、受精しても着床しないことが多い傾向にあるようです。
旦那さんが飲まれた薬も同様で、影響を受けると精子は受精能力が乏しくなります。
再度受精可能な精子ができるまでに2ヶ月以上かかります。
受精した時期に風邪薬を飲んでいても、既に受精可能な精子ができているということですから、心配は不要です。



ラベル: 妊娠前
posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中の薬のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。