2011年12月12日

母乳マッサージの留意点

母乳マッサージは37週目からはじめましょう。
1日1回、時間は6〜7分が目安です。(入浴の際に行うといいかも)
マッサージの途中で、乳首を刺激するので子宮収縮を促すホルモンが分泌され、お腹が張ってくることがあります。
でもマッサージが完了すれば殆ど収まるはずです。
もし張りが続くならば、10〜20分くらい横になって休んでください。
乳首や乳頭は丹念に拭いて清潔を心がけましょう。
産後の授乳前にもマッサージを行ってください。
マッサージに費やす時間は母乳の出具合によって調節してください。
分娩の翌日から安定して母乳が出るようになるまで続けましょう。

母乳マッサージについては、その分野の専門知識が深い助産師さんの指導をきちんと受けるのが、より効果的です。
マッサージだけでなく、いろんな知識も会得できますしね。
業界では、そういう指導を母乳外来と呼んでいます。


posted by サック at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 母乳の長所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。