2011年12月08日

母乳の長所  〜その1

母乳には赤ちゃんを病気から守る免疫物質が含まれています

赤ちゃんは母乳で育てるのが一番といわれています。
理由はいくつもあるのですが、一番の特徴は病気に対する免疫物質を含んでいることです。
産後一週間くらいの間に出る、黄色身を帯びた初乳には免疫物質がたくさん含まれています。
母乳は次第に白くなって成熟した成乳に変わっていきます。
この成乳も免疫物質を含んでいます。
赤ちゃんが自力で免疫物質を作れるようになるのは生後半年たった頃からです。
それまでの間、母乳を飲んでいる赤ちゃんは免疫をもらっているため、風邪を引いても軽くてすんだり消化不良になりにくい傾向があります。


ラベル:母乳 長所
posted by サック at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 母乳の長所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。