2011年12月06日

妊娠中のカロリー摂取について

健康な妊娠生活の決め手は食生活です。
といっても、日常と全く違う特別な食事が必要なわけではありません。
カロリーは普段の食生活からほんの少し増やす程度です。
胎児の発育や正常な妊娠を継続させるのに必要な栄養素を量的に確保してください。
妊娠前期は、普段の食事プラス150キロカロリー(ご飯一膳程度)です。
妊娠後期はプラス350キロカロリー(ご飯2膳程度)増やせばいいと考えてください。

ただし、妊娠中毒症などが発生した場合には、それに応じた適正な栄養を摂ってくださいね。

つわりの時期が過ぎると食欲がわいて食べ過ぎてしまうことがありますから、食べすぎにも注意してくださいね。
むくみなしで、毎月体重が1キロずつ増えていくくらいが適切だといわれています。
妊娠中に体重が増えすぎてしまった場合には、出産後の育児や授乳にどんどんカロリーを消費しないと、そのまま脂肪が固定してしまうかもしれません。

妊娠中は毎月1キロ増ペースで栄養摂取するのを目安にしてください。






posted by サック at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中の食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。