2011年12月01日

妊娠28〜31週までの過ごし方

この時期のママの体には、以下のような変化が起こります。
妊娠線が現われてきます。
子宮底が高くなり、胃や心臓や肺などが圧迫される
背痛や腰痛がおきたり、お腹が張る

この時期から定期健診が月2回になります。必ず受診してください。

この時期の生活では、以下の点を注意してください。
・転んだりしないように注意する
・腰や背中が痛む際には妊婦体操が有効
・妊娠中毒症の予防と早期発見を心がける
高血圧、タンパク尿、むくみが妊娠中毒症の三大症状です。
重症になると母子ともに危険です。
もし以下のような症状が出たら、一日も早く医師の診察を受けてください。
むくみが出る
以上に体重が増える
目がチラチラする

妊娠中毒症の予防方法は食生活に留意することです。
低カロリーで塩分控えめの食事にしてください。



ラベル:妊娠中毒症
posted by サック at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中の過ごし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。