2011年11月26日

妊娠12〜15週までの過ごし方

殆どの人はつわりが収まって食欲が回復してきます。
つわりで減った体重も徐々に増えてきます。
基礎体温は下がり、そのまま分娩まで低温期が続きます。
お腹の膨らみも判る様になります。
子宮が大きくなるにつれて足の付け根が痛くなったりつったように感じたりします。
14〜15週には、胎盤がほぼ完成して安定期に入ります。
赤ちゃんの状態は以下のとおりです。
内蔵の形態がほぼ完成します。(機能はまだ果たさない)
皮膚の厚さが増して丈夫になり、産毛が生え始めます。
子宮の中では羊水の割合が多いので、真ん中で浮いたりはねたり、自由な格好をしています。

この時期(妊娠4ヶ月目)の生活で注意すべき点は以下のとおりです。
・食欲にまかせての食べ過ぎに注意
つわりが収まり食欲が出て食べたいだけ食べているとたちまち太ってしまうかも。
  あとあとまで苦労することがないように、つわりが収まった後は、規則正しい食生活に戻し、体重管理をしっかり行いましょう。
・下着はまめに取り替えて清潔に
  おりものが増え始めます。
  感染症の予防にもなるし、ずいぶん快適になるはずです。
・気分転換に外出なども
  この月の終わりには胎盤もほぼ出来上がって母体にしっかり根づきます。
  虫歯がある人は今のうちに治療しておきましょう。
  虫歯があるとよく噛んで食べられないので十分な栄養が摂れませんし、赤ちゃんが生まれた後は、子育てで歯医者さんに通う時間も作れないかもしれません。

お産そのものは生理的な現象ですが、その経過中の子宮収縮がよくないと産後の大出血につながります。
お産は危険と紙一重なので、万が一の場合には輸血が必要になることもあります。
助け合いの精神で、家族が献血するのもいいですね。



ラベル:妊娠
posted by サック at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中の過ごし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。