2011年11月15日

つわりはなぜ起こるのでしょうか

つわりは妊娠4〜7週から始まり、12〜16週くらいで収まります。
つわりは妊娠に慣れるための自然現象です。
人間には、変化に対して自分の体の中を同じ状態に保とうとする力が働きます。
ホメオスタシスという現象です。
女性は、いざとなるとこの力が断然強いと言われています。
しかし、妊娠は母体にとって大変な負荷がかかります。
その負荷にすぐには順応できなくて、つわりの諸症状が出るようです。
つわりは体が妊娠に慣れていくための現象の一つと言えます。
つわりの症状や程度には個人差がありますが、気持ち次第で軽くもなれば重くもなるといわれています。
これは、脳の中で隣りあわせになっていてお互いの変化が影響しあっているホルモン中枢と自立神経中枢の働きを、大脳皮質の動きを意識的に変えることでかなりコントロールできるからだといわれています。


posted by サック at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | つわりの対処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。