2011年11月12日

更年期障害のホルモン療法 Q&A その2

<ご質問>
更年期障害のホルモン療法は誰でも受けていいのでしょうか

<お答え>
子宮内膜症や子宮筋腫など、ホルモン療法を慎重に行う必要がある病気があります。
ホルモン療法を受ける前には、現在かかっている病気や過去にかかった病気について必ず医師に伝えてください。
以下のような病気の人は症状に悪影響を与える可能性があるため、ホルモン療法は受けられません。

 乳がん
 子宮体がん
 血栓症
 心筋梗塞
 狭心症
 脳卒中
 診断が確定していない異常性器出血
 重い肝障害
 ポルフィリン症 など


posted by サック at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 更年期障害のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。