2011年11月07日

ホルモン療法の方法

更年期障害のホルモン療法は低下した女性ホルモンを補うことで症状を改善する治療法です。
ホルモン療法に使用されるエストロゲンには、飲み薬・貼り薬・塗り薬などがあります。

子宮がある人の方法としては、エストロゲンと一緒に黄体ホルモンを使用するのが一般的です。
黄体ホルモンを使うことで子宮体がんの発症を防止できます。
黄体ホルモンの使用方法には、エストロゲンと一緒に連続して使用する方法と一定期間だけ使用する方法があります。
子宮を摘出した人はエストロゲンのみを使用します。
最近では、エストロゲンと黄体ホルモンの両方を含む貼り薬も登場しています。

ちなみに、ホルモン療法は、通称HTと呼ばれています。
Hormon Therapyの略称です。


今日は、入院食の昼ごはんの写真を載せてみます。
ランチ1.JPG


ラベル:ホルモン療法 HT
posted by サック at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 更年期障害のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。