2016年02月05日

産院選びのポイント

自分の希望を全て満たす産院が近所にあれば理想的です。
でも、現実的には何からの選択が必要になるでしょう。
産院を検討する際のポイントを述べてみます。
@家からの距離
公共交通機関を使う・家族に送迎してもらう、いずれの場合も片道1時間以内の場所が目安です。
A産院の種類
お産の方法、産前産後のケアをどこまでやってもらえるか
医学的管理が必要な持病を抱えての出産の場合は、設備が整った大学病院や総合病院が安心です。
B出産方法
出産方法が限定されている産院もあります。
「どんなお産をしたいか」は大事なポイントです。
C産院の方針
お産の際の浣腸・剃毛・点滴・導尿・分娩監視装置の装着・会陰切開などは、産院の方針によって行うかどうかが異なります。
医師の判断に委ねられているともいえます。
疑問や要望は受診の際に伝えてください。
産院を選びなおす場合は、早い時期のほうがいいでしょう。
D職員の対応
妊娠中には、いろんな疑問が生じます。
そういうことを質問・相談しやすいか、適切な返答をもらえるか。
E母乳指導があるか
母乳育児を行いたい場合は、妊娠中から母乳についての正しい知識を習得していく事が大切です。
助産師から個別指導を受けられる事がポイントになります。
Fコスト
分娩や健診にかかる費用はどなたも確認されると思います。
それに加えて通院のための交通費等の経費も加算して、出産の総コストを計算してください。
総コストで試算すると、意外な結果になることもありえます。
G産前産後の各種クラスの充実度
母親学級、両親学級、マタニティビクス、アフタービクス、ベビービクス、母乳外来など、産前産後のケアに必要なコースがどれくらい用意されているかも、確認してください。


posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 産院選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。