2015年10月25日

妊娠8〜11週のことC

この時期には、つわりがかなりきつくなる方もいらっしゃいます。
「つわり」と一口に言いますが、症状は人それぞれかなり違います。
「吐きつわり」の場合は、無理に食べようとせず、食べたいものを食べたいときに食べてください。
食べていないと気分が悪くなる「食べつわり」のママは、1日に摂るべき量の食事を、少量に分けて5〜6回、少しずつ食べてください。
つわりがない(軽い)ママは食べ過ぎに注意して、この時期から栄養バランスを考慮した食事と体重管理を心がけてください。

つわりが続くとお腹の赤ちゃんへの栄養不足を心配する人もいらっしゃいます。
でも、よほどひどいつわりでないかぎり、ママの体に蓄積されている栄養分で、赤ちゃんへ栄養を届けることは可能です。



posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中の過ごし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。