2015年10月19日

妊娠8〜11週のこと@

妊娠8〜11週(3ヶ月め)は、胎盤が完成するまでは慎重に行動してください。
胎芽と呼ばれていた赤ちゃんは、妊娠8週目から胎児と呼ばれるようになります。
手足が発達して、頭と胴と足の3頭身になっていきます。
残念ながらママはまだ感じる事ができないのですが、上体を前にかがめたり伸ばしたり、体を2つ折にしたり、活発に体を動かし始めます。

また、この時期、妊娠7〜9週ごろに、つわりがひどくなるママが多いように感じます。
吐き気や嘔吐で食べ物をうけつけない症状が目立ちます。
食べ物の好みが変わったり、生つばがたくさん出たりすることもあります。
症状が重い時は、我慢せずに受診してください。
妊娠3ヶ月目末には胎盤のもとがつくられ始めます。
ママの体から胎盤を通して酸素や栄養素が赤ちゃんに届くのはもうすぐです。

以下に、一般的な妊娠3ヶ月めの状況を述べます。
(個人差はありますから、一喜一憂しないで大丈夫です)
妊娠11週ごろの子宮は握りこぶし位の大きさになります。
子宮が大きくなる際に、子宮の筋肉が引っ張られるため、足の付け根の靭帯が痛む事もあります。
ホルモンの影響や子宮の腸への圧迫で便秘になることもあります。
つわりの症状はこの頃がピークであるのが一般的です。
まだ胎盤が完成していないので、無理は禁物です。
下腹部の痛み・出血があった場合は、産婦人科を受診してください。



posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中の過ごし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。