2015年03月22日

妊娠糖尿病のこと

妊娠糖尿病は、自覚症状がなく検査でみつかる事がほとんどです。
早期に発見して血糖値を管理する事が重要です。

ママには、流産・早産・羊水過多などの合併症のおそれがあります。
尿路の感染症も発生しやすくなります。

赤ちゃんには、巨大児や出生後低血糖のリスクがあります。
体が大きすぎると、お産のリスクも高めになりがちです。

妊娠糖尿病は、食生活や生活習慣に起因する場合もありますが、遺伝的な影響がある場合もあります。
ご家族に糖尿病の人がいらっしゃることを産婦人科受診の問診時に医師に告げられることも、、早期発見に有効です。




posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中の検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。