2014年12月23日

亀頭包皮炎と外陰部膣炎

亀頭包皮炎は、亀頭と包皮の間に分泌物がたまり、そこに細菌がつき、炎症が起こった状態をいいます。
亀頭や包皮が赤く腫れ、うみが出ます。
かゆみもあり、排尿時に痛がります。


外陰部膣炎は外陰部が細菌に感染して炎症を起こしたものです。
局部が赤く腫れます。
オムツや下着にうみがつくこともあります。

いづれの症状の場合も、抗生物質の軟膏を塗って、手当てします。
入浴時には、丁寧に洗って清潔にしてください。




posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新生児の病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。