2014年12月07日

腸重責症

腸の一部が大腸の中に入り込んで、その部分が締め付けられて腸閉塞の状態になります。
特に1歳以下の子供によくおこります。

突然はげしく泣き、顔色も青ざめ、嘔吐を繰り返すような症状です。
腹痛は数分続き、一時収まりますが、また痛がります。
間隔は10分〜20分ですが、だんだん短くなっていきます。
粘液便が出ていたのがやがて血便になっていきます。

こういう場合は、すぐに医師にみせてください。
発見が早ければ、高圧浣腸で、入り込んだ腸を押し出します。



ラベル:腸重責症
posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新生児の病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。