2014年11月16日

冬にあかちゃんの下痢が白っぽい

冬に赤ちゃんの下痢が白っぽい場合は、冬場に流行するロタウィルスの感染で、白色便性下痢症になっているのかもしれません。
この場合、
1日に5回以上吐くようになり、米のとぎ汁のように白っぽく、すっぱい臭いがする下痢便が、オムツからはみだすほどに出ます。
便の回数が1日10回以上になることもあり、それが4〜5日続くこともあります。

こういう場合はすぐに医師にみせてください。
下痢や脱水の程度が重くなければ、食事療法や水分補給でよくなります。
(水分が多く消化がよいものを与えてください。)

脱水症状になると、目がくぼんで顔色が悪くなり、ぐったりします。
この症状になったっていたら、病院で点滴を受けることになります。


乳児下痢症は、胃腸の炎症で起こります。
1日に数回から十数回の下痢便が出ます。
吐き気や嘔吐や発熱を伴う事があります。
早めに医師の診察を受けてください。
特に、脱水症状にならないような注意が必要です。
湯さまし・番茶・野菜スープなどを与え、水分を十分補給してあげてください。





posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新生児の病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。