2014年09月12日

鷲口瘡(がこうそう)

口腔カンジダ症ともいいます。
カンジタというカビによる感染症で、頬の内側の粘膜や舌などの口の中に白い斑点ができます。
不潔なミルク瓶やママの乳頭から感染します。
また、ママのカンジタ膣炎がお産のときに治っていないと、産道で感染する事があります。
このカビは普段から口の中にいるのですが、
1)口の中に傷がある
2)カビが多量に口に入ってしまった
3)体の抵抗力が弱っている
こういった際に発病しやすくなります。
痛みや発熱はあまりありません。
口の中にミルクかすのような斑点ができ、無理にはがそうとすると出血します。

手当てとしては
哺乳瓶や乳くび、乳頭を清潔にして栄養を摂り、体に抵抗力をつけてください。
医師が処方した薬を薬を塗ってきちんと治療すれば一週間程度で治るはずです。




posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新生児の病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。