2014年08月20日

赤ちゃんの病気のこと

妊娠中は出産のことで頭がいっぱいでしょうが、出産後の育児や赤ちゃんの病気についてもできるだけ学んでおいてください。
出産時に赤ちゃんに負担がかかりすぎるとトラブルが発生する事があります。
赤ちゃんが生後すぐにかかってしまう病気もあります。

出産に伴う病気やトラブル・生後すぐにかかってしまう病気があります。
これらは病院にいる間に発見されれば、治療もすぐ始められます。
ですから、比較的早いうちに治る事が多いものです。

赤ちゃんが生まれて育っていくうちには、様々な病気やトラブルに見舞われることでしょう。
妊娠中から赤ちゃんの病気のことも知っておいてください。
いざという時にあわてないで対応できます。

今日は産瘤のことを書いてみます。
産瘤は産道を通過する際に先に進んでいく部分にできたこぶのようなむくみです。
頭のてっぺん辺りにでき、ウッ血を伴います。
頭血腫のように内部に血がたまっていないので、プヨプヨした感じはありません。
産瘤は自然に消えていくので心配は不要です。


posted by サック at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 新生児の病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。