2014年07月30日

お盆休みのお知らせ

8月15日(金)〜8月17日(日)の外来を、夏季休業とさせていただきます。
病棟は通常通り運営しますので、入院されてる方のお見舞いは、この期間中も大丈夫です。


毎年思うのですが、夏休みとか年末年始の休みのお知らせって、どれくらい前にお知らせするのが適正なのでしょうか。

ちなみに、今年の玉名の花火大会は、8月1日(金)です。







posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

求人案内です

今日は業務的なことを書きます。
ありがたいことに、うちでの出産を希望される方が増え、多忙になっております。
人手が必要です。
夜勤が可能な看護師さんを募集しております。

興味を持っていただけた方は、事務長の坂本まで電話で御連絡ください。
番号は、0968−74−2045 です。
電話に出た者に、ブログで求人を知ったと言ってください。

新しい命の誕生に関われるよろこびを一緒に味わいましょう。
お申し出をお待ちしております。




posted by サック at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

産後の月経開始・ホルモンのこと

月経の再開は、産後3ヶ月で60%・6ヶ月で80%の人にみられます。
母乳を飲ませている人は、開始がやや遅れるのが一般的です。
授乳中は妊娠しないというのは俗説で論拠はありません。
最初の月経があるまでは、いつ排卵があるかわかりません。

また、女性ホルモンは産後一週間で急激に変化します。
この変化がマタニティブルーの原因にもなりえます。
このことを心得ておくと、何かの予防になるかも。

それから、産後の悪露の手当てのことも。
排尿・排便の後に紙で処理するだけでは不十分です。
消毒を悪露がなくなるまで続け、清潔を保ってください。

posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産後の産褥期のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

産後の体重のこと

妊娠中の体重は、8〜10キロ増えるのが理想的です。
出産後は、6週間くらいでもとの体重に戻す努力をしてください。
(遅くとも、半年以内には、もとの体重に戻すのが目安です)

出産がきっかけで肥満気味になり、体重が戻らないうちに次の妊娠をして、雪だるま式に体重が増えることになりかねません。
次の妊娠時の合併症を少なくする意味でも、通常体重に戻してから次の妊娠に臨むようにしてください。

また肥満は、中年期の高血圧・動脈硬化・糖尿病などの原因になりかねません。
このことにも留意して、体重を戻す努力をしてください。




posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産後の産褥期のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

出産後の お腹のたるみ・ゆるみ

出産に起因する腹壁の伸びは、すぐには元に戻りません。
腹筋を鍛えることで、たるみやゆるみは、かなり戻るはずです。
妊娠線は皮膚そのものが変化するので白く光ったような線として残る可能性もあります。
ただ、殆どの人が目立たなくなるようです。

お腹のたるみが気になって産褥体操以外の激しい運動もやりたくなることもあるかと思います。
でも激しい運動は子宮・膣・骨盤内の筋肉などが回復してからにしてください。
産後4〜6週間ほど経過して、体調が戻ってからにしたほうがいいでしょう。

産婦人科には、アフタービクスを開催されている所も多いはず。
そういう場で正しいシェイプアップの方法を知ることも大事です。

posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産後の産褥期のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

退院された方のご意見B

今回で2人目ですが、それでも不安だった出産、そして入院生活でしたが、親切で気さくな看護師さんやスタッフの方々のおかげで、快適に過ごす事ができました。
出産時にも、いろいろお話しをしたり励ましてもらったりしたので、不思議と不安は感じませんでした。
一人目のときも同じことを思いましたが、もし3人目を産む事になったら、またここで産みたいです。
可愛い赤ちゃんを抱っこすると、とても幸せです。
ありがとうございました。


こちらこそ、ありがとうございます。
新しい命の誕生に関われることを、ありがたく思っています。
posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 退院された方のご意見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

骨盤内の筋肉の回復

産後すぐの骨盤内では、大きくなった子宮を支えていた靭帯が、伸びきったゴムのようになっています。
これが自然に回復するには、個人差がありますが、6週間程度かかるのが一般的です。
ところが、産後すぐから安静にせずに仕事をしたり動きすぎたりすると靭帯が伸びたままになってしまいます。
これは、子宮下垂などの原因になりかねません。
産後の安静には、こういう事を防止するためにも必要です。
異常の予防には、安静の他に以下の事にも気をつけてください。
1)下半身を冷やさない
2)排尿を我慢しない
3)重いものを持ったり長く歩いたりしない
4)便秘しない

出産後に尿が近くなった・下半身に違和感がある等の症状がある人は、なるべく早く医師に相談してください。


posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産後の産褥期のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

産後の貧血のこと

出産時には200mlくらいの出血があります。
これは母体の血液の16%にあたります。
そのうえ、出産後には授乳でタンパク質が失われます。
ですから、もともと貧血気味の人は症状が進むこともありえます。

こういったことを避けるために、産後も鉄分摂取には留意してください。
妊娠中は鉄分の摂取を心がけていた人も、出産すると安心して、つい疎かになりがちです。
産褥期には、妊娠前半の3倍(20mg)の摂取が必要です。

産後もひき続き、食事には留意してください。

ラベル:産後の貧血
posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産後の産褥期のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

退院された方のご意見A

いろいろなところでちゃんと見てもらい、、些細なことでも気をつけてもらえて、入院の最初から最後まで安心して過ごす事ができました。
新米ママなので解らない事だらけで、いろいろ教えてもらってありがたかったです。
本を読んでわかっていたつもりのことも、実際には理解できていなかったり、直ぐには実行できないことがよくわかりました。
特に、沐浴指導と母乳指導が、退院してもすごく役に立つと思いました。



ご意見どうもありがとうございます。
初産で、出産直後から子育てが上手な人は稀な気がします。
でも、大丈夫です。
少しずつ慣れていかれると思います。
目の前に大事な赤ちゃんの存在があるから、少し焦られるかもしれません。
でも、ご自身の体の回復も大切です。
ご家族やうちのクリニックを頼りながら、徐々に子育てができるようになっていけばいいと思うようにしてください。

posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 退院された方のご意見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。