2014年05月29日

会陰切開の痛み

会陰切開の痛みは1〜2日で楽になるのが一般的です。
妊婦さんの中には、出産を経験された方から
「抜糸までは辛い」とか「抜糸が痛い」等の話を聞かれた方もいらっしゃるかと思います。

でも、本当に痛いのは、1〜2日です。
糸で締め付けられている不快感は、抜糸ですっきりするでしょう。
お産のときには、いろんなところに小さな傷ができます。
縫合のあとで痛むという話の中には、この傷による痛みも含まれているようです。
縫合の後、しばらく痛むのは事実です。
でも、耐えられないような痛みではないと思います。

出産後は、座るよりも横になって安静にしている方が楽になります。
痛みは1〜2日でずいぶん楽になっているはずです。


posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会陰切開のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

会陰切開の手順

会陰切開のタイミングは、母子の状態を観ながら慎重に判断します。
胎児が大丈夫であれば、会陰切開は、会陰部が十分伸びたときに、専用のハサミを使って行います。
このハサミの先は、赤ちゃんの頭を傷つける事がないように、先が丸くなっています。
ハサミが入る場所は会陰部の中央か少し横です。
原則として1箇所です。
伸びがよく、あとで縫合しやすい箇所です。
原則として、麻酔をしてから行いますが、何らかの事情で麻酔をしない場合もありえます。
麻酔無しで痛みに絶えられるだろうかと思われるかもしれませんが、
行う時期は、赤ちゃんの頭が少し見えてきた発露の頃です。
出産される方の意識は他のところへいっていて、痛みの感じ方は少し鈍いかもしれません。
特に、会陰部がよく伸びていると、ほんの一瞬の出来事です。

お産がすんだら、切開した部分を縫合します。
縫合用の糸には、抜糸が必要なものと、溶けて胎内に吸収される抜糸の必要がないものがあります。
縫合は、傷口の状態によって、あらめに縫ったり細かく縫ったりします。
縫い方によって跡が違ってくることはまずないでしょう。
産後1ケ月の検診の際には、どなたも、ほぼ同じようになられています。


posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会陰切開のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

梅毒患者の報告数増加の記事が気になっています

4月初旬に、梅毒患者の増加のことを書きました。
で、実は・・・その時のブログのアクセス数は、ここ2年くらいで一番少ないものでした。

あまり興味を持ってもらえないのかなと思い、2回で話を終えました。
でも、5月20日に、また梅毒患者の増加が報道されていました。
伝染していく病気が遠方で発生している場合、こちらまで感染が拡大してきたときには報道等もなされていなくなっていて警戒心が薄れている場合もあります。

婦人科系よりも産科に興味があり、このブログを読んでいただける方が多いと自覚しています。
でも、梅毒に感染しないように十分留意してくださいという情報が、できるだけ拡散していくといいなと思います。

開陰切開のことを書きかけていますが、その後は、アクセス数が減るのを恐れずに、婦人科系の情報も、ぼちぼちと増やしていきましょうかね。


念のため、梅毒患者増加の記事を全文転載しておきます。

「梅毒患者の報告数、昨年上回るペース−東京が最多、愛知でも急増」
医療介護CBニュース 5月20日(火)17時48分配信

 梅毒患者が昨年を上回るペースで増えていることが、国立感染症研究所がまとめた患者報告で分かった。今年の患者報告数(11日現在)は471人で、昨年同期に比べて1.3倍となっている。特に愛知県では昨年1年間の報告数とほぼ同数の50人を記録。県は「発生状況に注意を払っていきたい」としている。【新井哉】

 今月11日までの都道府県別の患者報告数は、東京が最も多く146人を記録。以下は大阪(65人)、愛知(50人)、神奈川(29人)、千葉(15人)、栃木と北海道(14人)、福岡(13人)、埼玉(12人)、静岡(11人)、宮城(8人)などの順。

 全国最多を記録した東京都では、患者の83%を男性が占め、年齢別でも30―39歳の男性が最も多かった。また、病型別では早期顕症梅毒(?期)が46%、無症候梅毒が31%を占めた。推定感染経路では、同性間の性的接触の割合が42%で最も多く、異性間も38%を占めた。

 報告数の多かった自治体では警戒を強めており、11日までに昨年1年間(54人)とほぼ同じ報告数となった愛知県では、今後も県内の保健所管内の発生動向を注視していく方針。また、梅毒の早期発見や治療につなげようと、無料の抗体検査を行う自治体も出てきた。発生届け出数が東北地方で最も多い宮城県は、今月から県内の保健所など9か所で梅毒の抗体検査を開始。感染の心配がある人に対して検査を受けることを促している。

 梅毒は性交渉時の接触感染が主流で、感染すると2―3週間後からリンパ節炎や皮膚症状が現れ、治療しないと症状が段階的に進行。妊娠している人が梅毒に感染した場合、流産や死産の原因となることもあるという。感染症に詳しい川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長は、「欧米でも、梅毒の流行状況などへの関心が高まっている」と指摘。生殖年齢層が感染すると、その出生児も感染する恐れがあることなどを挙げ、「早期診断によって適切な治療につなげることが重要」としている。



posted by サック at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

好きな場所

多くの産婦人科がそうであるように、新生児室を外から見れるようにしています。
shinsei.jpg
ここ、好きな場所です。
出産して産後の安静を終えた、なりたてママさんが、
疲労がにじみつつ、とても優しい眼差しで、我が子を外から眺めていらっしゃる姿をみかけます。

妊娠生活・ご出産ご苦労様でした。
これから、新しい御家族といい家庭を築いていってください。

心の底から、そう思えます。


(とても日当たりがいい場所なので、乱反射で画像がぼやけているのはご容赦を)
posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックの様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

会陰切開するのはどんな場合か

会陰切開を行うケースには、は、赤ちゃんが苦しい場合と母体に問題がある場合とに分かれます。
@赤ちゃんが苦しい場合
お腹の赤ちゃんに十分な酸素や血液がいかなくなる状態を胎児仮死といいます。
胎児仮死は以下のような事が原因で起こります。
1)胎盤の動きが弱い
2)強い子宮収縮が続く
3)臍帯が何重にも首に巻きついている
4)羊水が少なく、臍帯が圧迫されている
5)児頭が下がり圧迫されている
こういったことなどが原因で、出産時間を短くしたほうが赤ちゃんの酸欠を防げると判断した場合には、会陰切開します。

A母体に問題がある場合
1)赤ちゃんが標準より大きい
2)頭の回旋運動がうまくいかない
3)陣痛が弱い等の理由で出産時間がながくなり、疲労でうまくいきめなくなってしまった
4)感染による発熱で、赤ちゃんにも影響が出そうになった
5)お産の急激な進行で会陰の伸びが十分でない

出産時のストレスで、お母さんが高い興奮状態になってしまっている場合にも、余分に裂傷することなく、母子ともに疲れすぎないように切開する場合もあります。

posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会陰切開のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

なぜ会陰切開が必要になるか

会陰切開は、会陰が十分伸びきるまで待てない状態になる場合に必要に応じて行います。
切開することで時間が短縮でき、赤ちゃんの負担がかなり軽くなるメリットもあります。

赤ちゃんの頭は直径10センチ程度です。
この頭が通過するには膣口が大きく広がらなくてはなりません。

前の方は恥骨ですから、後ろ側の会陰部が一枚の薄い紙程度になるまで伸びる必要があります。
この状態になるまでには、かなり時間もかかります。
耐えられそうにない場合は、会陰を切り、早く赤ちゃんを出し、無理な力がかかって必要以上に切れるのを防ぎます。

会陰切開をせずに済ませるには、お母さんが十分に陣痛の痛みに耐えられるのが条件になります。
会陰部が伸びるのをゆっくり待つわけですから、切開する場合より長い時間がかかります。
助産師が会陰を保護していない時にいきむと、自然裂傷が起きがちです。
だから、助産師のリードに従って呼吸を合わせることも大切です。

お母さんも苦しいでしょう。
狭い産道を一生懸命進んでくる赤ちゃんも、陣痛のたびにギュっと圧迫されています。
ただし、元気な赤ちゃんならば、乗り越えられる程度のストレスです。


ラベル:会陰切開
posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会陰切開のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

くる病にご注意を

気になる報道を見かけました。

くる病:乳幼児に増える 母乳、日光浴不足、食事が要因

くる病の原因は、ビタミンDが極端に不足することです。
ビタミンDが欠乏する3大要因は、母乳栄養の推進・日光浴不足・偏った食事。

これ、対処が微妙です。

ビタミンDをたくさん含む食品はあまり多くありません。
サケなどの魚類、アヒルの肝臓、キクラゲなどでしょうか。
食べ物だけでビタミンDを充足させるのはかなり困難です。

で、「ビタミンD不足の解消は食べ物よりも日光浴で」といわれていました。
しかし、ここ数年はPM2.5が多い日は外に出ない方がよくなっています。

じゃあ、サプリメントで補うかなと思うと、以下の説もあります。
米国FDAが過剰なビタミンDを含む液状の乳児用サプリメントに注意喚起

じゃあどうするか・・・
PM2.5情報をチェックして、大丈夫な日にコマメに日光浴を行うことになりますかね。

ちなみに、乳幼児がビタミンDを食事摂取する一日の目安量は以下のとおりです。

0〜5ヶ月の乳児 2.5μg
6〜11ヶ月の乳児 5.0μg
1〜2歳児 2.5μg


ラベル:くる病
posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

連休のお知らせ

ホームページにも掲載していますが、こちらでもお知らせしておきます。
ゴールデンウィーク期間中の5月3日(土)から6日(火)まで、外来を休診とさせていただきます。
お見舞いは通常どうり来ていただけます。

posted by サック at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

臨月に入ってから眠くて仕方がない

臨月の眠気が、家事の合間につい休んでしまったり、眠ってしまったりと言う程度であれば、心配ないでしょう。
赤ちゃんが生まれたら、うとうとする暇もなくなってしまいます。
今のうちに寝ておこうと割り切っておく方がいいかも。
お腹に入っている、赤ちゃんを支えなくてはならないのです。
筋肉も緊張するし、体がだるくなっても不思議はありません。

もちろん、臨月でも軽い運動は必要ですので、洗濯や掃除は、体が少しだるくてもやったほうがいいです。
ただ、そういう軽作業も無理なくらい、だるかったり眠かったりする場合は、それが病的なものでないか、念のために診察してもらった方がいいでしょう。
posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨月のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。